maruse inside

maruseblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 11月 14日

久しぶりに出会えた本物の道具。

兵庫県小野市にて四代に渡りプロ仕様のハサミを作り続けて来た職人が
ひとつひとつ手作りする「姿」にもこだわった本物の道具。
TAjiKA by 多鹿治夫鋏製作所
「良く切れる」
「使い易い」
「姿形が良い」
「永く使える」(修理可能)
b0141685_17243476.jpg

左から7,875yen 5,775yen 4,725yen 3,150yen
左のキッチンばさみはステンレスのセパレートです。


by maruse-inside | 2011-11-14 17:29 | 道具


<< old-PARTS 古道具の素材展      松本から届いたモノが色々。 >>