maruse inside

maruseblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 02月 06日

新規取り扱いの器

シンプルでなお味があり、普段使いできる器が見つかりました。

茶碗で名高い、山口県萩市。
江戸期から始まり昭和中頃に途絶えた萩の磁器を
2001年55年降りに復活させた「大屋窯」の器です。
b0141685_15484599.jpg

すべて手作りの磁器は型が歪で、天然の釉薬から生まれる軟らかい白色との相性が
和洋を問わず、料理を引き立てます。
b0141685_1549069.jpg

数量を揃えてのご注文も承ります。


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
にほんブログ村

by maruse-inside | 2010-02-06 15:53 |


<< 恒例「古道具市」      そろそろ古物市でも。 >>