maruse inside

maruseblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 12月 21日

陶器の臭い

先日お客様から、お買い上げいただいた器が食器棚で臭う。というお問い合わせがありました。
そこで「焼き物の事はこの人に聞け!」
ということでお世話になている造形作家高田三平さんにお答えいただきました。
(各大学で陶芸の技術指導をされています)
まず、原因はカビが考えられるそうです。
器が乾燥しきる前に密閉されたところで収納されるとカビが生える事があるようです。それが異臭の原因。
では、カビてしまった器はどうすれば...
ひとつは、所定の濃度の漂白剤にしばらくつけ込み、その後お湯を沸かした鍋などで器(漂白剤を)煮出す。
漂白剤の使用に抵抗がある場合は番茶で器を煮る。
それでも臭うようなら風通しの良い場所に数ヶ月置いておくと臭いがとれるそうです。
勉強になります!

高田三平 作 カップアンドソーサ。店主も愛用しています。
これは臭っていません。

b0141685_19182842.jpg


by maruse-inside | 2009-12-21 19:23 |


<< 招福。      「灯り」の古物。新入荷です。 >>